2017年6月29日

Nikka & Strings, Underneath and in Between / Nikka Costa ('17)

今日はニッカ・コスタの新譜を聴いています('∇')




曲リスト
01.Nothing Compares 2 U
02.Ain't That Peculiar
03.Love to Love You Less
04.Come Rain or Come Shine
05.Cry to Me
06.Arms Around You
07.Headfirst
08.Lover You Should've Come Over
09.Silver Tongue
10.Don't Let the Sun Catch You Crying
11.Stormy Weather

リーダー作を6枚リリース、その他にもフランク・シナトラやアンディ・ウイリアムス等のアレンジャーを務めた事でも有名なドン・コスタ(Don Costa)の娘で東京生まれのニッカ・コスタ(ちなみに名付け親はシナトラです)。

彼女のキャリアにつて'は01年のアルバムEverybody Got Their Somethingで紹介したのでそちらを御覧ください('∇')

ニッカと言えばプリンス・ファンにはLive At The Aladdin Las Vegasの客演でお馴染みですね😃


出産や夫でアーティスト兼プロデューサーのジャスティン・スタンリー(Justin Stanley)の仕事に参加したりと多忙を極めていましたが、クラウド・ファンディングの"Pledge Music"で新作の資金を集め、’08年のPebble To A Pearl以来、約8年半振りとなるフル・アルバムを発表しました。
(正確には自主レーベルからリリースしたEPPro*Whoa! EP以来6年振り)

本作はカヴァー集となっており、先行シングルに選ばれたのは敬愛するプリンス“Nothing Compares 2 U”!・・・と言いたい所ですが、歌詞はシネイド・オコナー版です。


プリンスやザ・ファミリーのオリジナルは冒頭
It's been seven hours and thirteen days

ニッカはシネイドのカヴァーなので
It's been seven hours and fifteen days

です。折角ならオリジナルにすれば良かったのにね・・・(*´д`*)

この他、マーヴィン・ゲイ"Ain’t That Peculiar"ビリー・ホリディやシナトラで有名な"Come Rain or Come Shine"ソロモン・バーク"Cry To Me"、エラ・フィッツジェラルドの"Stormy Weather"といった名曲からジェフ・バックリィの”Lover You Should've Come Over”といった少し新しめな曲等、バラエティに富んでいます('∇')

セルフ・カヴァーも"Love to Love You Less"が収録されてますが、注目はなんといっても"Silver Tongue"のニッカ・バージョンが収録されてます!

この曲は、'04年にプリンスと共作した楽曲で、当時npg music clubの'04年7月に配信されました。
配信されたのはプリンスによるピアノの弾き語りでファルセットを効かせた美しい一曲で、翌年リリースのニッカのアルバムに収録されると言われてましたが実際は外された形となり、13年後になってお披露目される形となった一曲です。

下のニッカ・コスタのSoundcloudページで全曲フル視聴出来ます😃



以前書いたキャット・グレアムや、9月にリリース予定のシャナイア・トゥエインの新作、同じく新作が待ち遠しいリタ・オラ等、プリンスから背中を押されたアーティストの活躍が今後も楽しみです。



0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...