プリンスと複数年契約を締結したユニバーサルがキャンセル!?

今年の2月、「NPG Recordsからリリースされた25作品&未発表等がユニバーサルからリリースと発表!」と書いたばっかりですが、どうやらユニバーサルとプリンスの音源を管理してるエステートとの交渉が決裂したと複数のサイトで掲載されていました(゜~゜)



Universal Demands Cancellation of $30 Million Deal With Prince Estate | Billboard

Universal Demands Cancellation of $30 Million Deal With Prince Estate | SPIN

Universal Music Group(UMG)と結んだ3,000万ドルの契約がキャンセルされた事でエステート側は次のレーベルを探さないといけなくなりましたね。

ワーナーがもってる初期の音源、そしてTIDALがナカナカ手放さないnpgmc関連を含んだ音源、そして4月に起きた「Deliverance」のリリースを阻止出来なかったりとペイズリー・パーク側の問題も要因の一つなんでしょうね。

状況から考えて最初にワーナーと手を結んだ方が良かったと思うんですけど、こうなるとワーナー側の方が強く出てこれるでしょうからエステート側は厳しいかもしれないです。

それにしても次々と未発表音源をキチンとリリースするボウイの所(まぁボウイの所は出すの早過ぎな気もするけど)と比べると手際の悪さが目立ちますよね...


スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿