2016年9月26日

Fonky Bald Headsもリユニオン!

The Revolutionの再結成に始まり、あっちこっちでプリンス・ファミリーのミュージシャンが活発になってきましたね。
プリンスがメイン・ヴォーカルを務めたバンドだと不在を嘆いたり物足りなさを感じますが、先日のfDELUXEの様に、プリンス抜きのバンドで離れた後も一線で頑張ってたアーティストは長く頑張ってもらいたいです('-')

そんなサイド・プロジェクト的なバンドで注目なのがファンキー・ボールド・ヘッズ(Fonky Bald Heads)、直訳するとファンキーなハゲ頭達!('∇')

9月24日にライブに出演しました。




Fonky Bald Headsは2001年6月11日、The Self Titled Albumでデビュー。


曲リスト
1.Introdukshun
2.Soundasame
3.Under The Same Clouds
4.Fonky Like A (Remix)
5.Passin Your Name (F.B.H. Version)
6.Sex In My Bones
7.Fonky Lyka (Live)
8.Rowdy Mac
9.If You All Wanna Rock (隠しトラック)

ユニット名通り、全員ハゲ頭です(=´∇`=)

メンバーは、初代NPGのメンバーとしてヴォーカル&ダンス&パーカッションとして参加したカーク・ジョンソン
ジャム&ルイスと共にキャリン・ホワイトやジャネット・ジャクソン、ジョニー・ギル等のアルバムにギタリストで参加、’97年からNPGに加入したマイク・スコット
マイクと同じく’97年から参加し'00年からNPGに昇格したキーボードとヴォーカル担当のキップ・ブラックシャイアー
そしてThe Slaughterhouseに収録された”The Daisy Chain”でラッパーとして参加したDVS

プリンス関連の4人に加え、K.A.T.O.ことケヴィン・ウォーカー、マライア・キャリーやセリーヌ・ディオンのアルバムに参加していた"Fish"ことマイケル・ヘリングを加えた6人によるユニットです。

プリンスは"Rowdy Mac"をカーク・ジョンソンと共作しているだけなので関与自体は低いですが、アルバム全体から醸し出される雰囲気は90年後半~00年のNPGサウンドが色濃く反映されています。

プリンス自身も彼らのユニットを応援し、2001年のHIT N RUNツアーでパフォーマンスしたり、"Passin Your Name"ではゲスト参加しています。



↓は当時のバックステージの様子


↓はオリジナル音源



現在はオリジナル・メンバーにDJダドリーD(DJ Dudley D)を加えた7人になった様です。

ライブも無事成功し、彼らのinstagramには動画もアップされてました('∇')

Fonky Bald Headsさん(@fonkybaldheads)が投稿した動画 -



この調子で新作リリースしてくれるといいなぁ('∇')



ちなみに「The Self Titled Album」は国内の大手ショップで取り扱って無く、アメリカのネット・ショップでは購入可能です。

Fonky Bald Heads - Fonky Bald Heads: The Self-Titled Album - Amazon.com Music

と言っても、上のamazonで$40.84と高価!
ebayも似たり寄ったりです(´・ω・`)

私が買った頃は半値位だったんですけどね・・・


【オマケ】
前述のDVSがラップで参加した"The Daisy Chain"のMV


0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...