2016年3月20日

Struggle Love / Jaheim ('16)

昨日のシルク(SILK)と並んで待ち遠しかったジャヒームの新譜を聴いています('-')

by カエレバ

曲リスト
01.My Shoes
02.Craziest Place
03.Nights Like This
04.Struggle Love
05.Songs To Have Sex To
06.If Someone Asks
07.Something Tells Me
08.If I Were You
09.Be That Dude
10.Back In My Arms
11.Keep
12.Always Come Back
13.Side Piece
14.Aholic

15歳の時に有名なアポロ・シアターの「アマチュア・ナイト」で3回も勝利を収めたという経歴を持ち、'01年に元ノーティ・バイ・ネイチャーのケイジー(KayGee)が全面バックアップしたデビュー作Ghetto Loveは好セールをマーク。その年のビルボード・アワードやBETアワードを獲得する等、順調なスタートを切った男性R&Bボーカル、ジャヒーム。

その後もワーナーとアトランティックからそれぞれアルバムを3枚づつリリース。
本作はBMGに移籍し「Appreciation Day」から2年半振りにリリースされた新作です。

エグゼクティヴ・プロデューサーにはケイジーと並んで彼を支えたバレワ・ムハマドが担当。
プロデューサーには'10年のAnother Roundでタッグを組んだシェルドン・エレビートビー・デイヴィス、ジニュワイン(Ginuwine)等を手掛けたセドリック・ソロモンの他シャビエル・デロルトやアンジー・ストーンのDreamsでアシスタントだったチャーリーズ・アモスといった若い人材を抜擢しています('-')

先行シングルはアーヴァンな香りがぷんぷんするサウンドとコーラスをバックにジャヒームらしい抑揚のあるヴォーカルが印象的なバラード・ナンバーの"Back In My Arms"


タイトル通り、家族や恋人が仲睦まじく腕を回してる写真を使ったリリック・ビデオも良いですね(*'-')

この他、雷雨と靴音のイントロからスタートする60年代風R&Bソングの"My Shoes"、ストリングとホーンの使い方が粋なタイトル・トラックの"Struggle Love"、時折インサートされるギターのクロマチックラン(テケテケ・・・ってアレ)が印象的なバラード"Songs To Have Sex To"、変則ビートが病みつきになる"Always Come Back"等、マーヴィン・ゲイの現代版という様なエロ・カッコイイ大人なR&Bアルバムだと思います。



良いアルバムなんですが日本のiTunesでは前作Appreciation Dayまでしか販売されていません。(本国では販売)
そのうち販売されるのかな?


0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...