2016年1月27日

MALIBU / Anderson .Paak ('16)

今日はアンダーソン・パークの新譜を聴いています('-')

by カエレバ

曲リスト
1.The Bird
2.Heart Don't Stand a Chance
3.The Waters (feat. BJ the Chicago Kid)
4.The Season / Carry Me
5.Put Me Thru
6.Am I Wrong (feat. ScHoolboy Q)
7.Without You (feat. Rapsody)
8.Parking Lot
9.Lite Weight (feat. The Free Nationals United Fellowship Choir)
10.Room in Here (feat. The Game & Sonyae Elise)
11.Water Fall (Interluuube)
12.Your Prime
13.Come Down
14.Silicon Valley
15.Celebrate
16.The Dreamer (feat. Talib Kweli & Timan Family Choir)

アンダーソン・パークは'14年に発行されたRolling Stone誌の「あなたが知るべき10人のアーティスト」の一人として選出されたオックスナード出身のシンガー/ラッパー/プロデューサーです(*'-')
ちなみにこの時選ばれた残り9人は、Zak AbelFrances、LapsleyGabriel Garzon MontanoSG LewisHUNTRJOY.Majid JordanTom Mischです。

彼にいち早く目を付けたのがDr.ドレーで、昨年8月にリリースされたドレー復帰作Comptonに6曲もゲスト参加する異例の待遇を受けています。

本作は'14年にリリースされたデビュー作Veniceに次いで2枚目のアルバムです。
(改名前のブリージー・ラヴジョイでは2枚のEPをリリース)

プロデューサーはアンダーソンの他、ジル・スコットやロバート・グラスパーを手掛けた9thワンダー、アッシャーやエミネムを手掛けたDJ・カリル、スヌープを手掛けたマッドリブ、ジ・インターネットやジャネットを手掛けたケイトラナーダ他、数多く参加しています。

ゲストも多彩でロバート・グラスパーを筆頭に、スクールボーイ・QやBJ・ザ・シカゴ・キッド、ザ・ゲーム等が参加してます。

アナログちっくなノイズが入ったレトロなサウンドとアンダーソンのしゃがれた感じのハスキーなヴォイスが甘く切ない組曲"The Season / Carry Me"の他、スクールボーイ・Qを迎えジャミロクワイ辺りを想像させるディスコ・サウンドを取り入れた"Am I Wrong"、ソニヤ・エリスとザ・ゲームを迎えジャズ・ファンクっぽい"Room in Here"等、今回もバラエティに富んだ作品が揃ってます!


↓のオフィシャル・サイトでは全曲フル試聴が出来ます('-')





アンダーソンと言えば、昨年プロデューサーのノレッジ(Knxwledge)とのコラボ・ユニット、”ノーウォーリーズ(Nxworries)”でリリースしたEP「Link Up & Suede」もカッコ良かったです('-')
(CDは1/29リリース)

by カエレバ




0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...