2016年1月29日

Groove Is King / Rock Candy Funk Party ('15)

今日は去年買ったけど書いてなかったロック・キャンディ・ファンキー・プレイスの2ndアルバムを聴いています('-')

by カエレバ

曲リスト
01.Introducing the Master of Ceremonies Mr. Funkadamus
02.Groove Is King
03.Low Tide
04.Uber Station
05.East Village
06.If Six Was Eight
07.Cube's Brick
08.And now a word from our fine sponsors with Mr. Funkadamus
09.Don't Be Stingy With The SMPTE
10.C You On The Flip Side
11.Digging In The Dirt
12.Don't Funk With Me
13.The 6 Train To The Bronx
14.Rock Candy
15.Mr. Funkadamus thanks all the señors but especially the señoritas
16.The Fabulous Tales of Two Bands

Rock Candy Funk Partyは、Joe Bonamassa (guitar)を筆頭に、Tal Bergman (drums,produce)、Ron DeJesus (guitar)、Mike Merritt (bass)と、一流のミュージシャンで結成されたジャズ・ファンク・ユニットのアルバムです。

'13年のデビュー作We Want Grooveでは元New Power Generationのレナートがメンバーだったのですが、今作ではコラボレーション(Collaborative Musicians)扱いになっちゃいました(´・ω・`)

ちなみにCollaborative Musiciansは、Renato Neto (Keys)、Daniel Sadownick (Percussion)、Randy Brecker (Trumpet)、James Campagnola (Sax)、Ada Rovatti (Sax)、Fred Kron (Keys)、Zia (Vocals)と大所帯になりました。

↓は本作のメイキング映像

先行シングルの"Don't Be Stingy With the SMPTE "で判る通り、人数が多くなった事で1作目に比べて音の厚みが一気に増しました('-')
MVはおっさんばっかり映るのが嫌だったのか、おねえちゃんがプレイしてる風な映像になってますねw



この他、重低音のサウンドとエッジのあるギターの絡みがカッコいいタイトル・トラックの"Groove Is King"、どファンキーサウンドの"Low Tide"、疾走感のある"Don't Funk With Me"他、どれをとってもタイトル通りグルーヴ感満載です('∇')


ちなみに紹介したCDには50分収録されたDVDも付いています('-')

個人的には少人数でがっつりやった前作のWe Want Grooveも捨て難いですが、これはこれで大人数が収容出来るライブで映えそうなアルバムですね。

しかしなんでレナートは格下げになっちゃったんだろうなぁ(´・ω・`)



0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...