2015年10月25日

Live In Japan / Rad. (08)

今日は久し振りにRAD.(ラッド)のライブ盤を引っ張り出して聴いてます('-')


曲リスト
01.Make Every Second Count
02.Back Here Again
03.East Babe
04.I Got You (I Feel Good)
05.Homegirl's Cha Cha Network
06.Ten
07.Layin' Low
08.Trippin'
09.Wishy
10.In Time

RAD.の事を簡単にご紹介('-')

RAD.本名ローズ・アン・ディラマンタ(Rose Ann Dimalanta)は、オークランド出身でフィリピン系のアメリカ人で、シーラ・Eの父ピート・エスコヴェートやタワー・オブ・パワーのデヴィッド・ガルリバルディ等と親交があり、'92年に「Radified」でデビューしました。

プロデューサーのマイケル・カシューと結婚し渡米、彼が立ち上げたレーベル"7 Bridge"からアルバムをリリース。
この頃ピートの流れから’01年にシーラ・Eのバンド・メンバーとして参加。

レナートやロンダ同様、彼女もこの流れでプリンスと出会い、NPGのアディショナル・メンバーの一員として’03年に行われたツアーに同行しました。
(シーラからどんだけメンバーを引き抜けば気が済むんでしょうねw)

私はこの年に行われた香港のハーバー・フェスで彼女を見る事が出来ました('-')



本作は「Live at the New Morning Paris」以来2枚目のライブ・アルバムで、タイトル通り’07年9月、東京の"Cotton Club"と横浜の"Motion Blue"で行われたライブ音源です。

バンド・メンバーは、シーラ・E等のレコーディングにも参加しRADのアルバムも長く担当しているレイ・オビエド(g)、同じくシーラ繋がりのマーク・ヴァン・ワゲニン(b)、ジョージ・ハワード等のレコーディングに参加しているビリー・ジョンソン(d)、そしてプリンス関連からエリック・リーズ(s)が参加しています。

スタジオ盤と違ってライブ盤は独特の勢いがあり生音感が良く、JBホーンズっぽいアレンジの"East Babe"からJBの"I Got You (I Feel Good)"や、ラストの"Trippin'"から"In Time"までの怒涛の流れは息つく暇も無く聴き応えがあります。



オリジナルもさることながらカヴァーも秀逸で、特にマッドハウスの"Ten"は聴き応えがあります。

"Ten"に限らずインスト・ナンバーは”マッドハウス感”が漂っていてRAD.のヴォーカルが無ければ勘違いしてしまいそうになります。
そういう意味でも改めてエリック・リーズの存在の大きさを実感出来た作品です。

↓Live In Japanではないけれど、この頃に特集された動画を貼っておきます('-')




0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...