2014年12月4日

Youthquake / Dead Or Alive ('85)

昨日見てた『ナカイの窓』でデッド・オア・アライヴの話が出てたので久し振りに「Youthquake」を引っ張り出して聴いてます('-')

by カエレバ
曲リスト
1.You Spin Me Round (Like a Record)
2.I Wanna Be a Toy
3.DJ Hit That Button
4.In Too Deep
5.Big Daddy of the Rhythm
6.You Spin Me Round (Like a Record) (Performance Mix)
7.Cake and Eat It
8.Lover Come Back to Me
9.My Heart Goes Bang
10.It's Been a Long Time
11.Lover Come Back to Me (Extended Mix)

'85年頃に日本で流行した"ユーロビート"。
プロデューサー・チーム、ストック、エイトキン&ウォーターマンによってバナナラマやリック・アストリー、カイリー・ミノーグといったアーティストのアルバムがヒット・チャートをかなり占めていましたね(*'-')
この火付け役だったのは何と言ってもピート・バーンズ率いるデッド・オア・アライブの2ndアルバムでした。

以前も書きましたが、デビュー当時のピート・バーンズが2ndアルバムを構想する際、デヴァインの"You Think You're a Man"に惚れ込みストック・エイトキン&ウォーターマンにプロデュースを頼んだと言われています。



本作からは、"You Spin Me Round (Like a Record)"、"Lover Come Back to Me"、"In Too Deep"、"My Heart Goes Bang (Get Me to the Doctor)"の4曲が大ヒット!






当時はディスコの一番盛り上がる所でデッド・オア・アライブ、そして〆もデッド・オア・アライブって感じでした('∇')

このアルバムをきっかけに「Mad, Bad, and Dangerous to Know (邦題:ブランド・ニュー・ラヴァー) 」、「Nude 」と立て続けにヒット。

全盛期だった3枚どれもいいけど、やっぱ「Youthquake」が1番思い入れ強いです^^






'00年に「フラジャイル 」で復活したけど波に乗れなかったのが残念です(´・ω・`)




0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...