2013年7月5日

Best of Electronic Disco / Giorgio Moroder ('13)

ジョルジオ・モロダーは'70年代シンセサイザーを活用したサウンドでドナ・サマーを筆頭にディスコ・ミュージックを席巻し、“ミュンヘン・サウンド”という独特のスタイルを確立。
後に”The Father of Disco(ディスコの父)”と呼ばれるようになります。

その一方でで「ミッドナイト・エクスプレス」や「フラッシュダンス」、「ネバーエンディング・ストーリー」、「トップガン」等の映画音楽を担当、中でも'27年に制作された映画をリメイクした「メトロポリス」は当時話題を呼びました。

最近ではダフト・パンクの「Random Access Memories」でも一聴するだけで彼と判る独特のサウンドは健在でしたね('∇')

活発な活動を後押ししてか「From Here to Eternity」('77)、「E=mc2」('80)、「Solitary Men」('83)が揃って再発。

これに加え、新編集されたベスト盤「Best of Electronic Disco」もリリースされました。


by カエレバ

曲名リスト
01.From Here To Eternity (Single version)
02.First Hand Experience In Second Hand Love
03.Utopia - Me Giorgio
04.From Here To Eternity (Reprise)
05.Baby Blue (Single version)
06.I Wanna Funk With You Tonite (Single version)
07.Chase (1985 Remix by Brian Reeves)
08.Let The Music Play (Single version)
09.E=MC2
10.Too Hot To Handle
11.I Wanna Rock You
12.Too Hot To Touch
13.Solitary Man
14.Lady, Lady
15.Knights In White Satin (Single version)
16.A Love Affair
17.American Dream (Single version)
18.Shannon’s Eyes (Single version)
19.Love Now, Hurt Later

収録曲は、彼の代表作"From Here To Eternity"や"Baby Blue"、"American Dream"等のシングル・バージョンの他、映画『フラッシュダンス』に収録された"Lady Lady"等も収録されています。














久し振りに聴きましたが懐かしいですねー!!

ジョルジオ・モロダーは前述のドナ・サマーやリマール、フレディ・マーキュリー等数多くの楽曲のプロデューサーと知られていますが自身でも目曲を輩出しています。

これを機に是非モロダーのソロ作も聴いてみて下さい(*'-')


ちなみに5月に来日したばかりですが、9月にも「WIRE13 -15th ANNIVERSARY SPECIAL -」というイベントに再来日するそうです(*'-')

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...