Happy Nation - The Sign / Ace Of Bace ('93)

今日はエイス・オブ・ベイスのジョーカーことヨーナス・バーグレンの45歳の誕生日(1967年3月21日)です。
"Jonas"なんでジョナス、ヨーナス、ヨナッシュ・・・国で発音が違うのですがブックレット等に合わせて”ヨーナス”と書いておきます(*'-')

エイス・オブ・ベイスと言えば何と言っても全世界で2300万枚売れ”最も売れたデビュー作”としてギネスに載った「The Sign」でしょうね。

by カエレバ

曲名リスト
1. All That She Wants
2. Don't Turn Around
3. Young And Proud
4. The Sign
5. Living In Danger
6. Voulez-Vous Danser
7. Happy Nation
8. Hear Me Calling
9. Waiting For Magic
10. Fashion Party
11. Wheel Of Fortune
12. Dancer In Daydream
13. My Mind
14. All That She Wants
15. Happy Nation


このアルバムややこしいのがリリースされた国で呼び名が違う事。
ヨーロッパと米国は「Happy Nation」でUS盤は"US Version"として収録が若干違います。
カナダやラテン・アメリカ、日本等では「The Sign」で収録曲が異なります。
しかも日本では「オール・ザット・シー・ウォンツ」という日本独自のアルバム名が付けられたので、呼び方に困ります(´・ω・`)

ヨーナス、リン、イェッニーのバーグレン兄弟とヨーナスの友人ブッダ(ウルフ・エクバーグ)の男女四人構成のユニット。
兄弟と男女4人、スウェーデン出身という事で当時はABBAとよく比較されてましたねー

メンバーのヨーナスとブッダとバック・ストリート・ボーイズやブリトニー・スピアーズを手掛けたスウェーデンのDJデニス・ホップがプロデュースをした本作はテクノとレゲエを組み合わせたPOPなナンバーが揃っています。

デビュー・シングル"Wheel Of Fortune"で自国を中心にヨーロッパでヒット、続く2ndシングルの"All That She Wants"が全米も含めTOP3内に入り大ブレイク。





本作からは上記2曲以外に"The Sign"、"Don't Turn Around"と"Happy Nation"、"Living in Danger"と国によってシングル・カットされた曲が違いますが6曲がヒットし、日本でも色んな音楽番組で取り上げられました。









このブレイク振りは一種異常で、普段洋楽を聴かない私の知人もCDを買っててビックリした思い出があります。

冒頭に書いた様にデビュー作が全世界で2300万枚も売れると”一発屋”の流れが来ますよね。
AOBも2ndアルバム「The Bridge」辺りまでは好調だったものの急激なブレイクがリンの心を蝕み3rdアルバム辺りからジャケットでも後ろの方になり、結果的に脱退しました。

その後もAOBは活動を続け、メンバーを補強し'10年には久し振りの5thアルバム「The Golden Ratio」をリリース。

by カエレバ


ヴォーカルが変わったのもあり初期の作品程魅力的ではないものの彼らのスタイルは健在でした。



興味がある方は聴いてみて下さい(*'-')







スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿