2012年3月30日

Come Away With Me / Norah Jones ('02)

今日はノラ・ジョーンズの33歳の誕生日(1979年3月30日)です。

歌手ばかりか'07年にウォン・カーウァイ監督でジュード・ロウと共演した『マイ・ブルーベリー・ナイツ』がヒットし、女優としても成功したノラ・ジョーンズ。

その一方でノラがボーカルとピアノを務めるカントリー・ユニット”ザ・リトル・ウィリーズ”が前作から6年振りの新作もソロでは見せない魅力が出てて良かったですね(*'-')

フォー・ザ・グッド・タイムスフォー・ザ・グッド・タイムス
A.Bergman ザ・リトル・ウィリーズ ノラ・ジョーンズ リチャード・ジュリアン

EMIミュージックジャパン 2012-01-10
売り上げランキング : 95686

Amazonで詳しく見る
by G-Tools





女優、別ユニットと立て続けに成功しているノラですが、1月に上記のアルバムがリリースされたのにも関わらず4月には新作がリリースされる予定です。

リトル・ブロークン・ハーツ(紙ジャケ)リトル・ブロークン・ハーツ(紙ジャケ)
ノラ・ジョーンズ

EMIミュージックジャパン 2012-04-24
売り上げランキング : 57980

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




新作も楽しみですが、未だにデビュー作が愛聴盤になってます(*'-')

ノラ・ジョーンズノラ・ジョーンズ
ノラ・ジョーンズ

曲名リスト
1. ドント・ノー・ホワイ
2. セヴン・イヤーズ
3. コールド・コールド・ハート
4. フィーリン・ザ・セイム・ウェイ
5. カム・アウェイ・ウィズ・ミー
6. シュート・ザ・ムーン
7. ターン・ミー・オン
8. ローンスター
9. アイヴ・ガット・トゥ・シー・ユー・アゲイン
10. ペインター・ソング
11. ワン・フライト・ダウン
12. ナイチンゲール
13. ザ・ロング・デイ・イズ・オーヴァー
14. ザ・ニアネス・オブ・ユー

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Jazzの名門レーベル"ブルー・ノート"と契約後、チャーリー・ハンターのアルバム「Song From The Analog Playground」('01年)で魅惑の歌声を披露した女性ヴォーカリスト、ノラ・ジョーンズ。A・フランクリン、B・ミドラー、A・ベイカー等、数多くのアーティストを手掛けた名プロデューサー、アリフ・マーディンを迎えた本デビュー・アルバムは彼女の魅力が十分伝わる内容になっています。
タイトルはノラ・ジョーンズのソロ名義ですが、実際にはノラ(Piano,Vo)、ジェシー・ハリス(Guitar)、リー・アレキサンダー(Bass)、ダン・ライザー(Drums)というグループ構成になっています。

彼女魅力はなんといってもナチュラルなスモーキー・ヴォイスで、グラミー賞で最優秀レコード賞、最優秀楽曲賞、最優秀女性ポップ・ヴォーカル・パフォーマンス賞の3冠に輝いた"Don't Know Why"を始め、ゲスト参加したケヴィン・ブライトのアコギの音色をベースにしたカントリー調の長閑なサウンドをバックに流れる様なノラの声が心地よい"Swven Years"、ノラが演奏するピアノがベースになったしっとりとしたブルース・テイストの"Cold Cold Heaven"、ノラがソングライトを担当したタイトル・トラックの"Come Away With Me"等、ゆっくりと時間が流れていく様な"癒し系"のサウンドが魅力的です。







この他にも、ソウルフルな歌い方を意識した印象を受ける"Turn Me On"、洗練されたカントリー・サウンドとノラのヴォーカルのコンビネーションが美しい"Lonestar"、ビル・フリーゼルのギターが華を添えている"The Long Days Is Over"、ラストにはピアノの弾き語りによる"The Nearness Of You"で静かに締めくくられています。

これから暖かくなる昼下がりに聴くにはピッタリの1枚ですね(*'-')


0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...