2012年3月14日

Back On The Block / Quincy Jones (’89)

今日はクインシー・ジョーンズの79歳の誕生日(1933年3月14日)です。

一昨年の'10年にクリス・ブラウン、エイコン、リュダクリス、ジェイミー・フォックス、ジェニファー・ハドソン、スヌープ、アッシャー、テヴィン・キャンベル、メアリーJ、Q-Tip、エイミー・ワインハウス等、錚々たるメンバーが参加した新作をリリースし話題になりましたね(*'-')

Q: Soul Bossa Nostra
Quincy Jones

Q: Soul Bossa Nostra

曲名リスト
1. Ironside feat Talib Kwali
2. Strawberry Letter 23 feat Akon
3. Soul Bossa Nostra feat Ludacris, Naturally 7, Rudy Currence
4. Give Me the Night feat Jamie Foxx
5. Tomorrow feat John Legend
6. You Put a Move on my heart feat Jennifer Hudson
7. Get the Funk out of my face feat Snoop Dogg
8. Secret Garden feat Usher, LL Cool J, Robin Thicke, Tyrese, Barry White, Tevin Campbell
9. Betcha wouldn't hurt me feat Mary J Blige, Q-Tip, Alfredo Rodriguez
10. Everything Must Change feat BeBe Winans
11. Many Rains Ago (Oluwa) feat Wyclef Jean
12. PYT feat T-Pain and Robin Thicke
13. It's my Party feat Amy Winehouse
14. Hikky-Burr feat Three 6 Mafia and David Banner
15. Sanford & Son feat T.I., B.o.B, Prince Charlez, Mohombi

Amazonで詳しく見る by G-Tools



クインシーの新作というより”敬愛するクインシーへのトリビュート盤”という感が強かったけど、50年代から活躍し未だ健在というのは本当に素晴らしいですね~

フランク・シナトラ、サラ・ボーン、マイルス・デイヴィス等、数多くのジャズ・アーティストを手掛け地位を確立していましたが、'79年のマイケルのソロ・デビュー作「Off The Wall」と'81年のソロ作「The Dude(邦題:愛のコリーダ)」がPOP・R&Bで大ヒットした事で、更なる地位が向上したのではないでしょうか。

今日はそんな一番乗ってる時期のアルバム「Back On The Block」をご紹介しておきます。

Back on the Block (Reis)Back on the Block (Reis)
Quincy Jones

曲名リスト
1. Prologue (2 Q's Rap)
2. Back On The Block
3. I Don't Go For That
4. I'll Be Good To You
5. The Verb To Be
6. Wee B. Dooinit
7. The Places You Find Love
8. Jazz Corner Of The Word
9. Birdland
10. Setembro
11. One Man Woman
12. Tomorrow (A Better You, Better Me)
13. Prelude To The Garden
14. The Secret Garden (Sweet Seduction Suite)

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


'82年にリリースされたマイケルのモンスター・アルバム「Thriller」で決定的になったクインシーが「The Dude」以来8年振りにリリースした本作は、彼の名声を思う存分使った豪華な作品になっています。

マイルス・デイヴィス、ハービー・ハンコック、レイ・チャールズ、チャカ・カーン、ボビー・マクファーリン、エラ・フィッツジェラルド、サラ・ボーン、ディオンヌ・ワーウィック、ルーサー・バンドロス、ジョージ・ベンソン、バリー・ホワイトといったベテラン組。
そこにシーラ・E、ビッグ・ダディ・ケイン、アイスT、アル・B.シュア!、テイク6、サイダー・ギャレット、テヴィン・キャンベルといった中堅・新人とゲストのクレジットだけでも豪華さが伝わります。
当時、これだけのゲストで作品が作れたのアーティストはクインシー以外いなかったでしょうね。

アイスTやビッグ・ダディのラップが光るタイトル・トラックの"Back On The Block"、レイ・チャールズとチャカのデュエット・ナンバー"I'll Be Good To You"、人間楽器のボビー・マクファーリンとTake6のコーラスをバックにエラ・フィッツジェラルドやサラ・ボーン、サイダー・ギャレット達のヴォーカルが絡み合う"We B. Dooinit"、前述のサイダーとチャカのヴォーカルが心地良い"The Places You Find Love"等、どれも素晴らしいです。





後半もジョージ・ベンソンのギターやマイルスのトランペット等一流プレイヤー技が融合する"Jazz Corner On The Word"や"Birdland"、本作で一躍スターに輝いたテヴィン・キャンベルの"Tomorrow"、エル・デヴァージやアル・B.シュア!、ジェームス・イングラム達が奏でるライストの"The Secret Garden"も秀逸です。





興味のある方は是非聴いてみて下さい(*'-')



0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...