Condenste / The Original 7ven ('11)

昨日でプログラムの追い込みが峠を越え、やっと時間が取れるようになってきました。

そして、やっと届いたCDを聴けました!ヽ(・∀・)人(・∀・)ノ


曲名リスト
01.O7ven intro
02.Strawberry Lake
03.O7ven Press Conference
04.Condensate
05.#Trendin
06.If I Was Yo Man
07.Role Play
08.Sick
09.Lifestyle
10.Faithful
11.Cadillac
12.AYDKMN
13.One Step
14.Toast To The Party Girl
15.Hey Yo
16.GoHomeToYoMan

The Original 7ven (The Band Formerly Know as The Time)って長いよ!
プリンスがThe Timeという名前を許可しなかったから改名を余儀なくされたみたいです。
ライブではThe Timeのカヴァーでファンの反応も見てるし、なによりプリンスも自身でレコード会社と揉めた経験あるから寛容になってあげてもよかったのにねぇ(´・ω・`)
まぁ逆を言えば、これで呪縛が解けたとも言えますが・・・

前作「Pandemoniu,」から21年振り、本当に長かったですね~
何度”再結成”の噂が出たか・・・

今回も改名騒動でリリースしないじゃないかと思ってドキドキでしたが、先日はCLUB NOKIAで新作お披露目ライブをやり、CDをこうして手にしてやっと実感が湧きました。

彼らのアルバムでは恒例化している"O7ven Intro"からスタート。
ジェシー・ジョンソンと共演した事もあるスー・アン・カーウェル(Sue Ann Carwell)をゲストに迎え、スライの"Everyday People"のタイム版の様な"Strawberry Lake"から開幕全開です('∇')
Introを挟んだ後、ミディアム・ファンクのタイトル・トラック"Condensate"、PVも超カッコイイ先行シングルの"#Trendin"と再結成を待ち遠しく思ってたファンの気持ちが判ってる様な良い意味で変わらないサウンドを聴かせてくれてますね!



この他にもジェシーとジャム&ルイスのプロデュースでジェシーのソロに収録されてそうな纏わりつくサウンドの"Role Play"、Treasure Davisのコーラスも良いジミヘンの様なファンク・ロックの"Sick"、彼らお得意のメロウなバラードの"Lifetime"、パーカッションとギターのシンプルなサウンドに囁くモーリス+コーラスという異色な"Cadillac"、そしてラストを飾るに相応しい"Gohometoyoman"でパーティが終わります。

全16曲(うち2曲はintro)は曲数としては少々多いですが、今まで貯まった楽曲を一気に放出した感がありますねー
是非このまま活動をし、次は新たなOriginal 7venを聴きたいです(*'-')


スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿